乳がん、卵巣がんになっちゃいました。いろいろ思うことを書き綴ります


by y-maki1107
カレンダー

2007年 03月 02日 ( 1 )

告知

数年前、父が悪性リンパ腫になった時、よくないものであろうという告知は、受診した当日だった。

検診で受けた胸部レントゲンが、要検査で戻ってきて、その頃父はヘビースモーカーだったから、ああ、肺がんか・・・・・あの若さだったら、1年かな・・・・

なんて思っていた。

父と母に、もし最悪であってもどうするかちゃんと話し合っててねと言い残し。

怖くて一人でレントゲンを見れず袋に入れたまま翌日、勤める病院へ。

その胸部レントゲンを一緒にそこであけて、尊敬する先生に診てもらったら、肺がんじゃなさそうだけど、すぐ来てもらって、CTをとろうと。

CTでもかなり大きく、他の骨を破っているから・・・・

「そのまま伝えていいよね、病気のこと、正直に」と先生から言われ、「はい」と。

悪性リンパ腫か、胸腺腫の悪いものだろうと、その場で告知。

土曜日だったので、そのまま父とお昼ご飯を食べましたが、父は全部平らげ、私は半分しか食べれなかったのを今でも鮮明に覚えています。

告知ってどのタイミングでしたらいいんでしょうね。

乳癌の場合、全例ほぼ、告知しないと治療もできないから、あまり、そう悩むことはないでしょうけど。

胃がんとか、大腸がんとか、ほかのがんとか、いきなり言わないでくれとか、家族はいう方がいますが、そのタイミングはいつなら希望に沿うのかな。

そのタイミングがいつであっても、希望通りじゃない気もするんだけど・・・・・・

ちょっと、知り合いからこういう悩みを相談されているところなんです。

まあ、私のような乳癌患者さんは、疑いがあって、おそらく組織の検査をしてその結果を聞くときでしょうけど。

医者の世界は、もうほぼ全例告知の時代に入っていると思います。

::::::::::::::::::::::::::::::::::

珍しく、松坂牛のような極上の腸の調子が悪く、約20年ぶりに便秘です。

むむむ・・・・・・・・・・
[PR]
by y-maki1107 | 2007-03-02 22:02